3月23日 維持管理スタート!!

1年間、私たちの理想とは程遠い維持管理状況でしたが
本日より、ようやく自分たちの気持ちをこめた管理が出来るになりました。
「今まで出来なかったことをやりたい」というワクワク感と
「本当にうまくいくのだろうか」という不安感の間を揺れ動きながら迎えた初日です。

写真 (1).JPG   午後13:20 昼休みが終わる頃に作業開始。今回は
お馴染みの栗島さんと一緒に、望月さん、島村さんがい
らっしゃいました。
 トラックに乗って運ばれてきたのは、ハイドロジェクトに
タンク、トラクター・・・すごい存在感!!
写真 (4).JPG   真ん中のタンクに給水します。この水を高圧噴射して
小さく深い穴をあけるというもの。
 穴の深さは浅いところで数cm、深いところでは15cm
くらいになるそうです。
写真 (6).JPG  エアレーションの作業開始です。
 まずは校庭をぐるっと周回、重なる所もなく、抜ける所
もなく、校庭一面に穴を開けていきます。
 下校が始まった一年生も「え〜何やっているの」と興
味津々でした。
 
写真 (7).JPG  あっという間に一面穴だらけ。普通のエアレーションと
違って、芝の地下茎に優しい穴あけ作業だそうです。
 半年たって、硬くなった土も優しくほぐします。
 芝の根も新鮮な空気を吸って喜んでいるでしょう。
 
写真 (11).JPG  次に肥料まきです。今回を液肥をまいていただきました。
 粉を水でとくと、鮮やかなブルーに!!
 ポヨポヨっと芽生え始めた夏芝ティフトンを元気にしま
す。 
写真 (12).JPG  ハイドロジェクトを外して、タンクのウィングを伸ばします。
タンクの中には先ほどの液肥を入れて水と混ぜ合わせま
す。
 只今、試運転中、ウィングの両端からはなぜか泡が??
写真 (9).JPG  泡はどこまで肥料をまいたかの目印でした。
 作業中に、今度は高学年の子供たちが降りてきて
「あ、雪が降っている!!」と大騒ぎです。
 淡雪もやがて溶けて、芝生のご飯になりました。

 途中からみぞれが降りそうな寒さの中でしたが、プロの仕事ぶりを拝見できて
とても充実した維持管理のスタートとなりました。
 栗島さん、望月さん、島村さん、ありがとうございました!